在宅ワークの中にある内職とは

世の中に在宅ワークで出来る仕事は非常に多くあります。特に最近ではインターネットを介した在宅ワークが流行りになっていますが、昔からあるいわば「内職」と呼ばれる世界にはどのようなものがあるのでしょうか?

まず内職をしている人の数は、平成23年10月1日現在で13万人弱とのことです。そして13万人の内職従事者のうち実に90パーセントの方が女性となっています。家事や育児、または介護などの理由で、フルタイムの勤務が難しい方が内職という働き方を選択していることが分かるものです。

また内職者の収入はどうなっているかと言えば、
・4万円~6万円:19パーセント
・2万円~4万円:38パーセント
・1万円~2万円:14パーセント
・その他の金額:29パーセント
となっています。また全体の平均値は4万7千円余りとのことでした。高収入とまえでは言えないまでも、なかなかの金額を稼いでいることが分かります。

では具体的にどんな仕事があるのかと言えば、定番と言われるものが裁縫所や工場などの下請け作業です。裁縫系の仕事は今では行える人が減っているためか、スキルを磨けばかなり報酬がアップしたり、デザインまで含めて任されることもあります。

工場の下請けなどでは、各種の基盤に部門を取り付けたり、鍋の取っ手を付けるというようなものがあります。この手の内職の場合、材料となる部品が工場から1000個単位などで一気に届くことになります。ですから家の大きさというか保管場所までを考えて仕事を受ける必要があります。

また仕事を受けるにあたっては自分の適正を考えて仕事を選ぶようにしましょう。明らかに細かな作業が苦手な不器用な人が、細かな部品の取り付け内職なんて選んでも苦しいだけですし、進捗が捗ることも無いのです。自分の適性を十分に考慮したうえで内職を選ぶようにしましょう。

未経験でも、気軽にできるのが在宅ワークです。

最近、在宅ワークという言葉をよく耳にするようになったと思いませんか?
けれど、その内容がどんなものかわからない・・・そんな人は多いのではないでしょうか。
在宅ワークとは、その名の通りに在宅で行う仕事です。
現在はインターネットとパソコンさえあれば、仕事はどこでもできる時代です。
また、そんな環境がなくても漫画喫茶・ファーストフード店などインターネットに接続できる環境でも仕事ができます。
仕事内容も豊富で、自分のスキルを活かす仕事もよし、初めてチャレンジしたい仕事でもよし、なのです。

初心者でも、担当者が詳しく教えてくれることが多く、未経験でやりたかった仕事にもチャレンジできるのがメリットです。
時間帯も、自分の好きな時間にノルマをこなせばいいだけなので、副業にも最適なのです。
仕事の量も自分で決定できるので、やればやるだけお金を稼ぐことができるのです。
自分のスキルアップもできますし、やりがいもあります。
わずらわしい人間関係もありません。
在宅ワークは、理想の仕事のカタチだとは思いませんか?
魅力的なメリットが多々ある在宅ワーク、一度チャレンジしてみてはいかがでしょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.